論文詳細ページ

人工卵巣に向けて:脱細胞化されたヒト卵巣組織に卵前卵胞を移植する

年次大会 一般演題

2018年度 年次大会-一般演題 | 学術集会 - 一般演題(口頭発表)

発表者 : Nikiforov, Dmitry1,2; Pors, Susanne Elisabeth1; Kristensen, Stine Gry1; Landgaard, Katrine1;
Ramløse, Maja1; Andersen, Claus Yding1

Abstract

目的:がん患者の妊娠能回復のための確立された方法として、移植を伴う卵巣組織の凍結保存法があるが、血液由来の癌または卵巣由来の癌では、悪性細胞を再導入する危険性がある。現在の研究の目的は、人工卵巣(卵胞が卵前卵巣期から妊娠前卵胞期に成長することができる器官の生物学的モデル)を作製することであった。これらが、可能であれば、これは患者のための新しい機会をもたらすだけでなく、卵胞発達の理解を促進することもできる。

方法:卵胞を取り囲む細胞外マトリックスを含む細胞環境を模倣するために、我々は妊娠可能性保存のために卵巣組織の凍結保存を受けている患者由来の余剰卵巣組織を使用した。26~36歳の3人の女性から余剰髄腔組織を採取した。組織を0,1%SDSおよびDNAseを用いて脱細胞化し、次いで核物質の欠如および元の構造/形態学的性質の保存について分析した。他の髄質断片を約1mmの厚さに切断し、毛包を単離する目的でCollagenase IVおよびLiberase TMの混合物を酵素的に消化した。残りの髄質片を、上記の酵素カクテルで処理し、卵巣間質細胞(OSC)を含む細胞懸濁液を誘導する目的でトリプシンを添加した。混合物を一晩サブクス培養し、底に付いているOSCを継続し継代し、非付着細胞および赤血球を捨てた。脱細胞化した組織を合わせて再播種した
OSCの単一細胞懸濁液を用いて培養し、4週間まで培養し、組織学的に評価した。

結果:脱細胞化卵巣組織と卵巣間質細胞の共培養は、1週間後に細胞単層を構成する足場の表面への細胞の付着を示した。1ヶ月間OSCで培養したヘマトキシリンエオジン染色足場の組織学的試料は、細胞の内部線維マトリックスへの組込みを実証した。これらのシーンとその中の再配布。これらの結果は、足場とOSCとの間の生体適合性を示した。組み合わされた小胞および再植えられた足場の組織学的評価は、再植えられた足場の内部に存在する小胞を示した。卵巣骨格上のOSCおよび卵胞の共生は、嚢細胞を募集するのに必要な細胞材料を提供しなければならない。これは、人工卵巣を作り出す重要なポイントです。なぜなら、通常、それらを取り巻くca細胞の大部分がなくても卵胞は単離されているからです。

考察:脱細胞化された卵巣組織は、OSCおよび卵胞の生理学的環境を提供する可能性が高く、卵胞発達を支援するのに適した環境を構成し得る。さらに、悪性細胞を含まないOSCは、卵巣組織の再脱落した脱細胞化足場上の単離された前卵胞と組み合わせて、移植の直前の閉経後卵巣から得ることが可能である。この組み合わせは、人工卵巣の安全なde-novo in vitro創造構造を構成するであろう。

ページ先頭