論文詳細ページ

Time-lapse technology to improve the chances for poor-prognosis patients

Markus Montag

2019年度 年次大会-講演抄録 | 反復着床不全への対応

学会講師 : Markus Montag

Abstract

背景
予後不良の患者は,一般的に授かる可能性が低いないしは非常に低い− 自然もしくは生殖医療後であっても.根本的な理由は多岐にわたる可能性があり,免疫学的, 子宮内膜および発生学的な問題が含まれる. 実際のところ,妊娠に至らない原因を常に特定することは不可能であり,そのため,特定の治療アプローチを定めることが困難な場合もある.健康な子宮内膜に加えて,その胚も同様に重要であり, 様々なファクターが implantation potential に影響を与えている可能性がある.これらのファクターのいくつかは,例えば配偶子形成中の染色体分離エラーによって引き起こされる aneuploidy といった様に簡単に相伝される.一部の患者は,着床し健児になる可能性がある染色体的に正常な胚を得られる可能性が劇的に減少する均衡転座を生じる.関与する染色体に
よっては,このグループの患者は一般的な自然の周期において,繰り返しの着床不全を経験する可能性がある.最後に,卵巣予備機能が乏しいもしくは,低卵巣反応のために非常に少数の卵母細胞を有する女性は, 予後不良患者の大きな割合を構成している.

タイムラプスはどのように機能するか?
予後不良の患者では,発生胚に最大の可能性を与え るため,すべてのステップを最適化しなければならな い.そして妊娠までの時間を短縮するために,患者コ ホート内で各胚の implantation potential を定量化す ることを目指すべきである.これは,体外培養コンセ プトとして Time-lapse テクノロジーがどのように有 用であるかを示している.すなわち,可能な限り最良 な胚発生環境状態にするための安定化およびコント ロールを実現し,同時にこの最良な培養環境を妨げず にできる限りの胚に関する情報の収集が可能となる.

Time-lapseとPGT-Aの相乗効果
高い割合で異数性胚が得られる患者は,予後が悪い と考えられる.PGT-Aは正倍数性胚の診断に使用する こ と が で き る が, す べ て の 正 倍 数 性 胚 が 同 じ implantation potentialを持っているわけではない.そ れ故,Time-lapseから得られる更なる情報を基にした 選択基準を正倍数性胚に適用することでPGT-Aプログラムをより有効なものにすることが可能である(Lee et al., 2019; Lim et al., 2019).このような情報は,動態的(kinetic)や形態的な(morphological)クライテリアで構成されており,特定のアルゴリズム(Gibbons et al., 2019)によって評価される.さらに近年では
ディープラーニングモデルを適用する完全に自動化されたシステムさえも寄与している(ran et al., 2019).言 う ま で も な く, こ れ ら の 新 し い 技 術 の 恩 恵 は,PGT-Aを凌ぎほぼすべての患者に適用する.

Time-lapseは卵母細胞が少ない低反応患者に有益か?
Time-lapseテクノロジーの利点は多くの場合,胚の 選択にあるため,単一の患者から多くの卵母細胞および胚が得られるかどうかに依存すると考えられている.それでは非常に少ない卵母細胞しか得られない低反応患者のような予後不良患者への Time-lapse の使用はどうなのだろうか? このような患者では,培養後に胚が1つしか残っていないために移植胚を選択することが不可能な場合がしばしばあることは明らかである.
しかしながら,Time-lapse が統合されたスタンドローンシステムは,非常に安定した,妨げられない培養条件と同義語である.この培養効果から得られる利点は, 近年, 低刺激周期(低反応患者のように, 時には1つの胚だけが利用可能な場合もある)においても報告されている.興味深いことに,標準的な培養システムと比較して Time-lapse による利益は, 胚盤胞形成率には現れず,胚盤胞の利用率および,さらに重要
なのは, 継続妊娠率が有意に高かったことである(Ueno et al., 2019).

Time-lapseテクノロジーは,一部の予後不良患者の可能性を改善し,一般的には胚の発生をサポートすると結論付けることができる.さらなる改善としては, 様々な技術を組み合わせることであり,その良い例としてTime-lapseとPGT-Aの相乗効果が期待される.

ページ先頭