論文詳細ページ

絨毛染色体検査を契機に診断された均衡型相互転座の一例

学会誌掲載論文

Vol23-1

著者 : 松山 毅彦,石橋 めぐみ,中澤 留美,河戸 朋子,勝木 康博,菊池 咲希,三宅 君果, 横田 智,真鍋 有香,北岡 美幸

厚仁病院・産婦人科 〒 763-0043 香川県丸亀市通町 133

Abstract

絨毛染色体検査を契機に診断された均衡型相互転座の症例を経験した.  31歳,1妊0産,ヒューナーテストやや不良にてAIH施行.8回目のAIHで妊娠成立するも妊娠8週 で心拍停止となりD&Cを施行,絨毛染色体は正常核型[46, XX]であった.その後2回AIH施行するも妊 娠に至らずIVFを行い,6個採卵,3個胚盤胞凍結した.1回目の凍結融解胚盤胞移植では妊娠せず.2 回目の移植で妊娠が成立した.胎児心拍確認もされるも,その後消失しD&Cを施行,絨毛染色体は均衡 型相互転座[46, XX, t(3; 22)(p21; q13)]であった.そこで夫婦の染色体検査を行い,本人は均衡型相 互転座[46, XX, t(3; 22)(p21; q13)],夫は正常核型[46, XY]と判明した. 絨毛染色体検査の結果がなければ本人の均衡型相互転座は見つかっていなかった可能性が高い.

ページ先頭