講師の名前

講師紹介

向田哲規

向田哲規

広島HARTクリニック 理事長・院長

略歴

1985 年 高知医科大学医学部産科婦人科学教室入局
1988 年 マイアミ大学医学部生化学教室と生殖医学教室へ留学:排卵機構の研究および体外受精
(I VF)の基礎と臨床の知識習得
1989 年 帰国し,高知医科大学医学部産科婦人科助手として勤務
1990 年 産婦人科専門医認定,ダイヤモンド不妊クリニックへ留学(Diamond Institute for Infertility,
New Jersey, USA)生殖補助医療のラボディレクターとして勤務し,臨床研究も行う.
1995 年  5 年間の留学研修の後帰国し,広島HARTクリニックに勤務:院長として高度生殖補助医療の
症例を管理し,基礎・臨床研究にも従事, ヒト胚の低温保存法(ガラス化法),高倍率精子選別
による顕微授精法(ICSI;IMSI), 持続胚観察システム(タイムラプス)バーコードを用いた生
     殖補助医療(ART)安全管理システム等の提唱・導入など
2002・2003年 日本受精着床学会,世界体外受精会議記念賞
2005年 ガラス化胚盤胞移植法のビデオがASRMのビデオ部門優秀賞
2010年 ガラス化胚盤胞移植の周産期成績に関する抄録が,ESHREの口頭発表のClinical Science Award
の候補となる.
2013年 広島HARTクリニック,理事長・院長

その他プロフィール

(社)日本産婦人科学会認定専門医,(社)日本生殖医学会認定生殖医療専門医
日本受精着床学会理事,RBM OnlineのEditorial Board,日本IVF 学会常務理事

発表講演抄録

妊娠率を向上させる未来のART

[ 2022年度 年次大会 講演抄録 ]

ページ先頭