論文詳細ページ

ヒト生殖細胞試験管内誘導研究の現状と展望

斎藤通紀

2019年度 年次大会-講演抄録 | 生殖再生医療の進歩と今後の発展

学会講師 : 斎藤通紀

Abstract

生殖細胞は, 精子・卵子に分化し, その融合により新しい個体を形成, 我々の遺伝情報やエピゲノム情報を次世代に継承する細胞である.生殖細胞の発生機構の解明は, 遺伝情報継承機構・エピゲノム制御機構の解明や幹細胞の増殖・分化制御技術の発, 不妊や遺伝病発症機序の解明につながる.我々は, 培養ディッシュ上で, マウス ES 細胞 /iPS細胞から, 精子・卵子、さらには健常な産仔に貢献する能力を有する始原生殖細胞様細胞を誘導する技術を開発した.また本培養系を用いて, 始原生殖細胞を誘導する転写・シグナル機構の解明, エピゲノムリプログラミングの本態の解明, 始原生殖細胞の増殖法の開発, 始原生殖細胞から精子幹細胞の試験管内誘導, 卵母細胞分化・減数分裂誘導機構の解明などに成功した.また, これら成果を基盤に, ヒトiPS細胞からヒト始原生殖細胞様細胞を誘導する技術を開発した.また, ヒト生殖細胞の試験管内誘導技術を発展させるため, 実験動物として使用しうる霊長類の中でヒトに最も近縁のカニクイザルを用いた研究を推進し, マウス・サル・ヒトにおける多能性
スペクトラムの発生座標を解明, 霊長類生殖細胞系譜が初期羊膜を起源とすることを見出した.さらに, 最近, ヒト始原生殖細胞様細胞を卵原細胞に成熟させ, エピゲノムリプログラミングを誘導することに成功した.
本講演では,ヒト生殖細胞試験管内誘導研究に関する我々の最新の研究成果と今後の展望を議論したい.

ページ先頭