論文詳細ページ

0-22 子宮内フローラの結果とART成績の関連-複数の臨床パラメータとの比較検討-

年次大会 一般演題

2020年度 年次大会-一般演題 | 学術集会 - 一般演題(口頭発表)

発表者 : 坂井 和貴1) ,田中 克2) ,田中 志穂1) ,大西 弘法1) ,  野手 健造1) ,長谷川 麻理1) ,伊木 朱有美1) ,荒井 渉2) , 長井 陽子2) ,鍋田 基生1)

Abstract

【目的】

凍結融解胚移植(FET)の妊娠成否には複数の要因が関わっており, 近年, 子宮内フローラ等の子宮内環境も妊娠に関与することが 明らかとなってきた.FETの妊娠成否にどのような臨床パラメータが影響を及ぼすのかを明らかにするため, それらの関連性について後方視的に検討した.

【対象と方法】

患者同意を得て2018年10月から2019年12月までに当院にて FET を行い, 臨床妊娠の成否が得られている1,126周期を対象とした. FET以前に子宮内フローラ,BMI, 酸化ストレス度等の複数の臨床パラメータを測定した.得られたデータを用いて,FETの妊娠成否と の関連性を検討した.2018年10月以降に初めてFETを施行した症例に 限定して解析を行った.

【結果】

複数の臨床パラメータからFETの妊娠成否を予測するロジスティッ ク回帰モデルを構築した結果,Lactobacillus属占有率と胚グレードが 説明変数として選択された.このモデルを用いて ROC 解析を実施したところ, 高精度で FETの妊娠成否を予測でき(AUC=0.839), 成否を 分ける上で最適な線形予測子のカットオフ値を発見した(p=0.007).該 当のカットオフ値を満たす胚グレードとLactobacillus属占有率の条件は,胚グレードAB 以上かつLactobacillus属占有率5.3% 以上(条件1), あるいは胚グレードBB以上かつLactobacillus属占有率49.1%以上(条 件2)であった.検証の結果,条件1を満たす群と逸脱する群では FET の妊娠率はそれぞれ 89.5%と40.0%で, 有意差が得られた(p=0.042). また, 条件2を満たす群と逸脱する群では FET 妊娠率はそれぞれ 81.0%と50.0%で,有意差は得られなかった(p=0.290).

【考察】

ロジスティック回 帰 モデル からFET の成否を 予 測 する上で, Lactobacillus 属占有率と胚グレードが大きく寄与していることが明らかとなった.また,胚グレードAB以上かつLactobacillus属占有率5.3% 以上, あるいは胚グレード BB 以上かつLactobacillus属占有率49.1% 以上であれば,FETにて妊娠成立する可能性が高いことが示唆された.

ページ先頭