論文・講演抄録

学術集会 講演抄録

杉山力一

卵巣予備能低下症例に対する回収卵子数を増やす工夫

2019年度 | Symposium2 「ART を受ける現代女性が抱える問題点とその解決策」 ①働く女性のための解決策 ②卵巣予備能低下(DOR)に対する解決策

学会講師 : 杉山力一

加藤恵一

クロミフェン低刺激周期での診療の工夫 ~個々の症例に対してどう対応していくか~

2019年度 | Symposium2 「ART を受ける現代女性が抱える問題点とその解決策」①働く女性のための解決策 ②卵巣予備能低下(DOR)に対する解決策 

学会講師 : 加藤恵一

藤原敏博

Random start ovarian stimulation の新しい展開 〜 medical indication から social indication へ~

2019年度 | Symposium2 「ARTを受ける現代女性が抱える問題点とその解決策」①働く女性のための解決策 ②卵巣予備能低下(DOR)に対する解決策

学会講師 : 藤原敏博

鈴木 直

がん・生殖医療の今後の展望

2019年度 | がんと生殖医療

学会講師 : 鈴木 直

Michael Chapman

Polarized light microscopy of Meiotic Spindles in ICSI

2019年度 | オーストラリア生殖医学会 交換講演 Exchange Lecture of The Fertility Society of Australia(FSA)

学会講師 : Michael Chapman

石原 理

新時代の ART はどこへ向かうのか?

2019年度 |

学会講師 : 石原 理

Markus Montag

Time-lapse technology to improve the chances for poor-prognosis patients

2019年度 | 反復着床不全への対応

学会講師 : Markus Montag

Carlos Simon

The maternal factor in the embryonic implantation process: the microbiome and endometrial receptivity

2019年度 | 反復着床不全への対応

学会講師 : Carlos Simon

吉村泰典

生殖医療の未来を考える―生殖医学の進歩の中で―

2019年度 | 我が国の生殖医療の課題と今後の方向性

学会講師 : 吉村泰典

苛原 稔

着床前遺伝子診断の日産婦臨床研究の方向性

2019年度 | 我が国の生殖医療の課題と今後の方向性

学会講師 : 苛原 稔

越後貫成美

顕微授精の成功率を上げるために ~実験動物における顕微授精の視点から~

2019年度 | 日本臨床エンブリオロジスト学会「よくわかる!精巣内精子(細胞)の採取と選別〜工夫,コツ,こだわり〜」

学会講師 : 越後貫成美

成吉昌一

つじクリニックのTESE: 精子回収予測と精子処理の実際

2019年度 | 日本臨床エンブリオロジスト学会「よくわかる!精巣内精子(細胞)の採取と選別〜工夫,コツ,こだわり〜」

学会講師 : 成吉昌一

竹本洋一

当院におけるMD-TESEおよびROSIの実際

2019年度 | 日本臨床エンブリオロジスト学会「よくわかる!精巣内精子(細胞)の採取と選別〜工夫,コツ,こだわり〜」

学会講師 : 竹本洋一

水田真平

患者適応および精細管の状態からTESEの精細管処理を考える

2019年度 | 日本臨床エンブリオロジスト学会「よくわかる!精巣内精子(細胞)の採取と選別〜工夫,コツ,こだわり〜」

学会講師 : 水田真平

林 克彦

生殖細胞誘導システムを構築するための動物細胞を用いた前衛的研究

2019年度 | 生殖再生医療の進歩と今後の発展

学会講師 : 林 克彦

斎藤通紀

ヒト生殖細胞試験管内誘導研究の現状と展望

2019年度 | 生殖再生医療の進歩と今後の発展

学会講師 : 斎藤通紀

宮戸健二

生殖細胞から探る生命の「始まり」と「終わり」

2019年度 | ART Basic Lecture

学会講師 : 宮戸健二

村上正夫

ARTと培養液:培養は安全ではない

2019年度 | Symposium1「ART を行うための理想的な培養液とは」

学会講師 : 村上正夫

山田雅保

体外培養着床前胚の発生に及ぼす脱イオン化 血清アルブミンの効果

2019年度 | Symposium 1 「ARTを行うための理想的な培養液とは」

学会講師 : 山田雅保

ページ先頭