*年次大会レポート

第21回 日本IVF学会学術集会「Future of ART」

柳町隆造賞の表彰式の模様です。名古屋大学の邨瀬智彦先生が受賞されました。タイトルは「マウス卵巣組織培養による卵胞発育解析とヒト卵巣への応用と展望」です。

学術奨励賞を受賞されたお二人です。古井憲司大会長の左隣はIVFなんばクリニックの森本真晴先生でタイトルは「ヒト初期胚のミトコンドリア機能と加齢との関係」,その左側はARTクリニックみらいの村田泰隆先生で「一定期間の凍結貯胚コース(SFコース)を企画して」です。

森本義晴賞は広島HARTクリニックの後藤優介先生が受賞されました。タイトルは「多前核由来胚盤胞のNGSによる解析」です。

ページ先頭